sdg_icon_07
sdg_icon_08
sdg_icon_09
sdg_icon_11
sdg_icon_12

電気

electrical-pexels-photo-2898199

業務:送配電事業

  • 30 分ごとの電力突き合わせ作業では、需給バランスの整合性が 取れない。
  • 煩雑な書類の手続きなどが作業効率の悪化に 繋がり、システム導入コストが割高になる
  • 発電所のメンテナンス履歴や設備情報まで確認出来ないのでトラッキング情報が不透明

高度な IOT デバイスによる電気の供給量と需要量を瞬時に突き合わせすることで、電力卸売市場へ の 余分 な 電力の流出を防ぐぎ、発電所の運用履歴と発電データを「発電所トークン」と「発電トークン」という形で表現することで、付加価値を付与した取引を目指します。

業務:保守管理

  • 施工記録が属人的に管理されているため、フォルダの管理が担当者ごとにバラバラ
  • 紙ベースで管理されている図面と施工記録記の突き合わせに時間が必要

組織の隔たりのない固有IDを活用することで、これまで隔離されていた、情報の一元化が可能になります。属人的な単一組織内での管理体制からDX化を意識した一元管理をする体制を整えることが可能になります。J-クレジットなどの環境価値を取引する際にはノードに記録された『発電所トークン」と再エネ発電量に応じて発行した「発電トークン」をディレクトリ型のトークン構造に集約することで、単なる発電元のトラッキング情報としての「価値」だけでなく、O & M、設備情報などの履歴を含めた「付加価値」の提供を可能にしたうえで、発電所全体のトータルマネジメントを実現します。

分散台帳を活用したワークフローの削減や、生産性の向上は従業員の負担を軽減させるだけでなく、適切な在庫管理に繋がり、過剰な在庫の削減に繋がります。このように持続可能な産業基盤と就業環境の構築を実現するために私たちは貢献します。

 

ガス

jerry-zhang-318V6Pn95Kg-unsplash

業務:資源の輸入・調達

  • 日本のエネルギー自給率は8%
  • 東日本大震災の影響で原発の稼働率が低下し、火力発電中心のエネルギー構成となり、脱炭素化と逆行したエネルギー構成に
  • 石油の主な原産地である中東地域はテロ組織が多く存在しており、これらの組織に資金が流れる懸念がある

分散台帳を活用し、海外貿易の取引記録を証拠として残すことが可能になります。出荷国と入荷国の間で発生する貿易手続きを簡略化することで紙ベースの貿易書類の削減と業務効率を向上することが可能です。
また、分散台帳に石油の採掘から輸出入の情報を記録することで、テロし組織などに資金を流出させるリスクを軽減させる効果もあります。

業務:ガス導管輸送

  • 2022年に実施される「導管分離時事業」が施行されれば、新規企業参入による、国内全エリアのインフラ整備が期待される
  • ガス管の規格を統一するためのレギュレーションを定める必要がある。

分散台帳技術を活用した、ガス管の規格をJIS規格などのモデルと突き合わせることで、均一な規格のガス管や、施工作業を導管部門事業社ごとに共有することが可能になります。

持続的にエネルギー資源を供給し続けるためにテロ組織などの反社会勢力を排除した形で、セキュアな取引を実現する必要があり、私達の分散台帳技術はこれらの信頼性を担保したうえでエネルギー資源を世界中に供給するためのインフラ基盤として活躍することが期待されます。また、地方ではなかなか進まないガス管のインフラ整備ですが、業界全体でレギュレーションを取ったうえで、各エリアの導管部門事業を推進することで、地方創生や、新たな雇用を生み出すことに繋がり、最適な労働機会を提供することに繋がります。