• Client :
  • Tags :
    , ,
  • Category :
  • Project Url :
  • Date :
    2020-02-06
sdg_icon_08
sdg_icon_09
sdg_icon_12

製造業

manufacture_1145434

業務:生産管理

  • 製造にかかわる各企業が生産時間についての管理を行ったうえで、計画に合わせて生産を行い、生産依頼に沿って受発注を行う必要がある。​
  • 最終消費者へ供給する組織が製品規格を取りまとめているため、製造にかかわる組織には市場の需要やエンドユーザーのニーズが共有されにくい環境になっているため、適切な生産計画を立てることが出来ず、過剰在庫や大量破棄などの問題に繋がります。(分離発注や、材料支給など)

分散台帳技術を活用した、生産管理体制を構築することで入荷に関係する会社や組織ごとに分けられている情報データを一括でデジタル管理して、資料保管場所などの物理的なコストを削減できます。​単一のプラットフォームを使用して組織間の連携をとることで情報確認や有事の際のリスクヘッジを行ったうえで、ロット番号の管理に、分散台帳技術を活用することで紛失や改竄の心配もなく生産管理全体のセキュリティ性を高めることに寄与します。

業務:保守管理

  • 紙や表計算ソフトに依存した業務体制では、顧客や仕入先との情報連携とその活用ができていない
  • 在庫変動をリアルタイムに把握することができず、適正な在庫管理ができていない

分散台帳技術を活用した在庫管理システムではリアルタイムに在庫の移動情報や出荷先や履歴が確認できるため、組織内や組織間ごとの確認・報告作業が削減されます。また、IOTデバイスを活用して位置情報を追跡できるようにすれば、棚卸しによる在庫情報の確認なども不要になります。

分散台帳を活用したワークフローの削減や、生産性の向上は従業員の負担を軽減させるだけでなく、適切な在庫管理に繋がり、過剰な在庫の削減に繋がります。このように持続可能な産業基盤と就業環境の構築を実現するために私たちは貢献します。