sdg_icon_07
sdg_icon_09
sdg_icon_11
sdg_icon_15

建設業

construction_2407196

業務:施工管理

  • 建築確認を受けるための建築基準法を満たすため申請書の管理が紙ベースのため、管理工程に時間がかかる​
  • 申請用紙の紛失や、データの改ざんなど、情報を操作される可能性がある​
  • 労働生産性と高齢者の就業人口の推移は1998年から軒並み低下傾向にある​
  • 原因と見られる要因は長時間労働や、請負工事価格の下落が要因​の一つ

分散台帳技術を活用した施工管理で情報の一元化が期待できます。施主、自治体、施工業者の3者間で情報をリアルタイムに管理することができるため、情報の改ざんが実質不可能になります。紙ベースの書類管理をデータ上で一元管理できるため​管理工程の削減に繋げて、成果物を追跡することで、信頼できる施工業者を特定するエビデンスとしても活用することや、説明責任を特定に絞ることが可能になります。
建設時の建築基準法の確認作業や原価集計表,予算書との突き合わせを自動的に行うことが可能になります。また、見積共有とコスト管理を社内だけでなく、下請け会社とも連係することで、報告業務の軽減や、業務の自動効率化を図ります。

業務:保守管理

  • 施工記録が属人的に管理されているため、フォルダの管理が担当者ごとにバラバラ
  • 紙ベースで管理されている図面と施工記録記の突き合わせに時間が必要

組織の隔たりのない固有IDを活用することで、これまで隔離されていた情報の一元化が可能になります。属人的な単一組織内での管理体制からDX化を意識した一元管理をする体制を整えることが可能になります。将来的にはエンドユーザーを意識した顧客体験型のサービスを提供することで企業価値とエンドユーザーからのレピュテーションの向上を計ります。

業務の可視化と共有、書類の自動突き合わせを組み合わせて効率的に運用することが可能です。結果的に作業員の業務負担を軽減させ、就業環境を向上させることが実現し、現地の雇用を生み出します。世界中に供給されたインフラ設備はクリーンなエネルギーや水、学校施設などあらゆる公共設備として多くの人々に訴求されることで「誰一人取り残さない世界の実現」のための労働環境とインフラの構築に取り組みます。