sdg_icon_02
sdg_icon_09
sdg_icon_12
sdg_icon_15

農業

bbh-singapore-1419737-unsplash

業務:生産・収穫

  • 生産流通に関わるステークホルダーごとに作業記録が違う(紙、ソフトウェア、データベース)
  • 規格基準に合わない作物は販売流通できず廃棄

分散台帳システムを活用して作業記録を統一し、生産、加工、流通、小売り、顧客までの各ステークホルダーの需要に合わせたデータ連携を可能にします。また、ペーパーレスな作業を下支えできるので、各業務の作業効率を上げる効果も期待できます。情報履歴の共有やトレーサビリティも強化して、農作物における生産管理の一元化を目指します。

業務:在庫管理

  • ステークホルダー間とのマーケティングシステムが不十分で商品の流通情報の連携が取れない
  • 商品の余剰在庫や滞留在庫が増加し商品の廃棄量も増加してしまう

分散台帳システムを活用して作業記録を統一し、生産、加工、流通、小売り、顧客までの各ステークホルダーの需要に合わせたデータ連携を可能にします。また、ペーパーレスな作業を下支えできるので、各業務の作業効率を上げる効果も期待できます。情報履歴の共有やトレーサビリティも強化して、農作物における生産管理の一元化を目指します。

農家や卸市場から流通してくる農作物が管理されていれば適正在庫の把握が可能になります。
フードロスやスタッフの業務負担を削減することで、持続的な農業基盤と就業環境を確立することを目指します。