• Client :
  • Tags :
    , ,
  • Category :
  • Project Url :
  • Date :
    2020-02-06
sdg_icon_08
sdg_icon_09
sdg_icon_12

 

卸売業

aisle-buy-cold-811107

入荷・出荷

  • 紙や表計算ソフトに依存した業務体制では、外部との突合せ作業やドキュメントへの書き込み・入力、伝票のやりとりなどで時間のロスが発生し、作業効率が下がる。

サプライチェーン全体で分散台帳管理システムを用いることで、顧客や仕入先とのデータ連携が可能となり、これまでの属人的な作業が軽減される。結果として、作業効率の大幅なアップや、ペーパーレス化を実現することができます。

在庫管理

  • 紙や表計算ソフトに依存した業務体制では、顧客や仕入先との情報連携とその活用ができておらず、在庫変動をリアルタイムに把握することができず、適正な在庫管理ができていない。

サプライチェーン全体で分散台帳管理システムを用いることで、顧客や仕入先とのデータ連携が可能となり、リアルタイムに在庫変動を把握することができる。その結果、在庫引当の精度が上がり、不良在庫の削減に繋がります。

ワークフローごとの確認・報告作業が削減されることにより、作業員の業務負担が軽減し、労働環境の改善に繋がります。また、店舗ごとの適正な在庫の確保が実現することにより、過剰在庫を防ぎ返品や廃棄などの無駄を無くす事で持続可能な産業基盤と就業環境の構築を図ります。

 

小売業

retail_2447042

在庫管理

  • 紙や表計算ソフトに依存した業務体制では、外部との突合せ作業やドキュメントへの書き込み・入力、伝票のやりとりなどで時間のロスが発生し、作業効率が下がる。

サプライチェーン全体で分散台帳管理システムを用いることで、仕入先とのデータ連携が可能となり、これまでの属人的な作業が軽減される。結果として、作業効率の大幅なアップや、ペーパーレス化を実現することができる。

在庫管理・発注

  • 在庫管理において、適切なシステム化がされていない業務体制では、人的発注ミスや在庫の過不足により商品のロスや販売の機会損失など重要な課題が発生している。

サプライチェーン全体で分散台帳管理システムを用いることで、仕入先とのデータ連携が可能となり、リアルタイムに販売数や在庫数を把握することで、過剰在庫や欠品による機会損失を防ぎ、在庫を最適化する。

商品不良対応

  • 商品不良が発生した場合、複雑なサプライチェーンでは情報の追跡が困難で、原因の究明や商品の確保に多くの時間を要してしまう。
サプライチェーン全体で分散台帳管理システムを用いて商品をID管理することで、商品不良の発生時に瞬時に流通経路を突き止め(トレーサビリティ)、原因の究明や再発防止策を打つことができる。
販売側と生産側の情報を一元化して表現することで、市場の需要と生産側の供給体制を突き合わせたうえでの取引が可能になり、歩留まり率の向上に繋がります。結果的に過剰な在庫の保管を軽減させ、棚卸し管理などの負担の大きい作業を失くすくとで、資材と人材管理の一元化を図ります。また、製品に関する問題が発生した際には、流通経路を確定させたうえで、原因の究明や再発防止策を打つことが可能です。

 

飲食業

Restaurant-thumbnail

在庫管理

  • 在庫管理において、適切なシステム化がされていない業務体制では、人的発注ミスや在庫の過不足、消費期限による廃棄など、商品のロスや販売の機会損失など重要な課題が発生している。

サプライチェーン全体で分散台帳管理システムを用いることで、仕入先とのデータ連携が可能となり、リアルタイムに販売数や在庫数を把握することで、過剰在庫や欠品による機会損失を防ぎ、在庫を最適化する。

調理

  • 食品偽装や食中毒問題を未然に防ぐための可視化ツールが存在しない。
  • 顧客とのトラブルが生じた際に原因の特定が困難であり、説明責任の所在が不明確である。

分散台帳管理システムを用いて調理工程や使用した素材をすべて記録することで、チェーン店など調理者による出来栄えの差を是正したり、高級食材などの真正性を担保することができます。

廃棄・ゴミ

  • 顧客の来店頻度が正確に把握できないため、仕入れ量の調整が難しく余分に在庫を発注することによる、過剰在庫が問題となっている。
地域の飲食店舗間で顧客情報の共有ができれば、需要予測が立てやすくなることが予想されます。また、食料品に個別のIDが付与されることで飲食店舗間で食料品の受け渡しが可能になれば需要予測が立てにくい状況でも、食料を無駄なく、有効的に活用できるかもしれません。
食料品のトレーサビリティ管理が確立されているので、顧客に対して情報を開示して提供することが可能になります。結果的に生産地や生産国の一次産業の活性化に繋がり、世界中に雇用を創出する支援を行います。また、地域内での食料品の受け渡しが可能になれば、無断な廃棄品などの削減に大きく貢献されることが予測されます。余分な仕入れ作業を軽減することで、飲食業界全体の底上げにも寄与します。