あらゆる業務を記録する新たな分散管理システム

商品ができ上がるまでのプロセスインテリジェンスなIDによって詳細に記録されることで、様々なことが可能となります

リアルタイムな情報共有

TaaSでは業務がそれぞれの商品のIDに随時記録されていくので、サプライチェーンのステークホルダーはタイムリーにその情報を確認することができるようになります 

シームレスな情報の引継ぎと突合せ

企業間で商品・製品を受け渡しする際発生していた伝票確認や検品など企業間の業務をTaaSによって瞬時に情報を受け渡すことで作業効率を格段に高めます。

スムーズな原因の特定(トレーサビリティ)

いつ、どこで、誰が、何を、どのように実行したか商品のIDごとに記録されるため、商品の履歴を途絶えることなく追跡することが可能となります

ロットナンバーの紛失や改竄の防止

すべての情報は分散台帳に記録されるため、永久的に記録として残り、また改竄されるリスクを最小限に抑えます。

TaaSとは

企業の経営課題やグローバルな社会問題を解決するためのDXソリューション

世界各国の企業が地球規模のモノの需要を支えるためには、産業と金融の密接な関係が必要です。
私たちが開発・提供するTaaSは従来のトレーサビリティシステムや生産管理システムと一線を画すソリューションです。

ABOUT

TaaS x Business

TaaSによるDXイノベーション

TaaS業務記録を詳細に保存していくことで、その履歴を付加価値として商品と紐づけるシステムです。そのため、様々なビジネスへの応用期待されていますその応用領域は多岐に渡ります。
TaaSによって「情報」が価値としてやりとりされるこの仕組みは、これまでのビジネスへ大きなイノベーションをもたらします。 

 

learn more

非財務情報を記録する

TaaSでサステナブルなビジネスを。

TaaSあらゆる業務を記録することができるためこれまで報告が難しかった非財務情報の記録にも応用できる可能性があります
国連が提唱するSDGsの課題解決ソリューションとしてTaaSが様々な業界でどのように使用することができるか、いくつかのケーススタディを紹介します。 

分散台帳システムを活用して作業記録を統一し、生産、加工、流通、小売り、顧客までの各ステークホルダーの需要に合わせたデータ連携を可能にします。また、ペーパーレスな作業を下支えできるので、各業務の作業効率を上げる効果も期待できます。情報履歴の共有やトレーサビリティも強化して、農作物における生産管理の一元化を目指します。

Learn More

分散台帳システムを活用して融資に関わるステークホルダーの業務を電子化でき、処理完了までの時間やコストの削減を実現できます。また、記録された情報をもとにして事業性評価の指標にできれば、中小企業やスタートアップ企業の融資促進が期待できます。この技術を使用したネットワーク環境が整えば、より多くの国や人との調達・送金が可能になります。

Learn More

土地にアカウントを付与し、施工内容や作業員情報を記録することで、土地と建物に関する情報が集約された状態で保管・移転できる形を目指します。結果的に作業員が毎回実施している紙ベースの報告作業や、確認作業が軽減され、作業効率の向上と汎用性の高い取引プラットフォームが実現可能です。

Learn More
Gain a Success With Us!

TaaSで信頼されるビジネスを。

あなたのビジネスにもTaaSを導入してみませんか?
Become a Client