すべての人々の計画性をサポートする。

Traceability as a Serviceを使用することで、需要に対する適切な判断や生産能力に対して効果的な与信管理を行うことが可能になります。

入荷に関係する会社や組織ごとにけられている情報データを一括でデジタル管理して、資料保管場所などの物理的なコストを削減します。

単一のプラットフォームを使用して組織間の連携をとることで情報確認や有事の際のリスクヘッジなどのガバナンスが行いやすいです。

生産者から消費者まで一気通貫で固有IDを活用できるので情報開示の範囲を決めて、消費者が欲している生産データの履歴をシェアできます。

ロット番号の管理には紛失、改ざんの恐れがありますが、分散台帳技術を活用することで紛失の心配もなく改ざんできないセキュリティ性を高められます。

他のトレーサビリティシステムや現在の生産管理との差別化

現在、さまざまなトレーサビリティシステムや生産管理システムがサプライチェーンの領域では利用されています。​いずれのシステムも大きな組織や企業間では利用されているものの、小さな農家や町工場までは手が行き届いていません。TaaSはそのまだ手の行き届いていないサプライチェーンの川上に導入できる分散台帳技術を活用した生産管理システムです。そして、TaaSでは、その原則である「全てのモノと、全ての動作を把握する」こと、そして「全ての履歴を管理する」こと、これら2点を確立させることで、他のシステムとの差別化を図ります。現在のシステムでは、履歴ですら改竄が可能であるという点が、システムに対する安心感が持てない原因です。その結果、組織的な改竄問題が発生しています。また、TaaSによるトレーサビリティはあくまで副産物であり、事後報告の契約書や証書での取引ではなく、商品を加工、処理する段階で生産計画や規格に突き合わせることを目的にしたシステムです。

What We Offer

様々な業種への広がり

TaaSは、物流、航空、貿易、金融、医療など様々な現場での活用にも期待できます。日本でもいくつものプロジェクトが進行中です。

京都の抹茶・玉露を製造・加工しているお茶工場では、生産から販売までをブロックチェーンに記録することで、商品と同時にその情報を消費者まで届けています。

Learn More

果物や野菜はその大半が見た目で判断されてしまいます。TaaSを利用することで、品種、生産者、生産時期、農薬の使用・不使用、収穫時期などが記録され、消費者は見た目ではなく情報により適確に商品を選択することができます。

Learn More

鮮度が命の魚介類こそ、情報がその価値を決めます。いつ・どこで水揚げされ、どのような流通経路のもとここまで辿り着いたものか、TaaSによって正しい情報が紐づくことで、安心安全な鮮魚を選択することができるのです。

Learn More
Gain a Success With Us!

TaaSで信頼されるビジネスを。

あなたのビジネスにもTaaSを導入してみませんか?
Become a Client

各ビジネス拠点からグローバルに展開

TaaSはどんな業界でもその力を十分に発揮します。日本をはじめ、シンガポールやスイスなど私たちのビジネス拠点を中心に海外の企業にアプローチしています。現地のビジネスニーズや新しい事業にアンテナを張り世界の企業へTaaSの魅力を届けながら、将来様々なビジネスで活用されることを目指しています。

Contact Us

最新情報を入手

TaaS x SDGs

TaaSの特徴を活かしてSDGs達成に貢献

私たちはTaaSを活用して企業をサポートすることで社会問題の解決に貢献します。次世代テクノロジーによって生産工程を見直すことで企業のCSRやSDGsの取り組みを支援します。

Featured Cases

project-1b

Traceability as a Serviceを活用し、国際貿易においてのスムーズな取引の実現を目指しています。

Learn More
project-2b

コオロギパウダーを使用した食料品開発を行うベンチャー企業。T​raceability as a Serviceを活用したコオロギファーム、製造工場のサプライチェーン化の実現を目指しています。

Learn More